ドラマ FRINGE season1 第16話 個人的感想

fringe s1 16.jpg

恐らく少し記憶が戻ってきた気がします。

やはり、この事件の核心にして黒幕はウォルターだった気がしています。


記憶以外でも、今回のウォルターの行動がそんな気持ちを強くさせます。

ここにきて、善人、良き父親というイメージを強調してきたので。

それがむしろ不自然。


今回のお話は、遺伝子操作によって生み出されたクリーチャーがメインでしたが、これについてウォルターによるものではなかったですけれども、同じような発想を持っていたという描き方がちょっと嘘くささを増しています。

私的には、ウォルターは関係ないという印象操作のためのモノであると見ました。


前回書いた通り、ウォルター自身は一連の騒動について自身は記憶していない。

が、それは意図的に記憶を操作した結果だと思っています。

それが、今回のエピソードでかなり核心を突いている気がしました。


やはり、ここにきて息子ピーターとの歪みつつもハートウォーミングな演出は不自然に思えます。

まあ、私の予想通りであるならば、ピーターは本当に哀しい被害者になるわけですが、科学の進歩こそ重要であるという考えをウォルターが持っていたならば、ありうるし、必要な犠牲と考えそう。


なんとなく、ぼんやりと戻って来た記憶では――ああ、まあ、これは書かないでおきましょう。

正解だった場合シラケるので。


ところで、話は違いますが、チャーリーがめちゃくちゃ良い奴なんですけれどw

むしろ、良い奴すぎて、最終的に裏切られるのではないかと思ってしまう(良い奴と思ってしまった自分が という意味で)


もしも彼に裏が全くないのだとすれば、本当に聖人レベルで良い奴ですw

規則ギリギリの行動を繰り返すオリビア。

しかも、詳細は話さない。

そんな同僚に協力しまくり。


もちろん下心もない。


で、何度か危険な目に遭い、今回は死に直面。

ここまでされて、よくオリビアに何も云わずに協力できるなあと思ってしまいますね。



話を再び戻しますが、んん~~~~~ 記憶が混乱している気がします。

ウォルター黒幕説、深読みしすぎかなあ。

たしか、season1しか見ていないのですが、これ結構シリーズ化しているし、そのDVDの画像を見るとウォルターが普通に写っているのが判明。

黒幕っぽい画像じゃないしねえ……


まあ、それならそれでいいのですが、なんか気になります。

これ、season2以降も見られるのかなあ。

この記事へのコメント

2020年03月17日 12:28
中核部分はもうすぐ来ると思います