エンタメ モーニング娘。'17 「ムキダシで向き合って」

bAHitAvZO0Q4UOUzi-daEG1VHioVLNK8gxGHfUHZN_A.jpg



相変わらず衣装は……と思いましたが、パフォーマンスは素晴らしい。

生歌としては相当なレベル。


で、この歌はほとんど知らなかったのですが、かなり歌うのが難しい曲だろうなと思いました。

ハロプロの歌は時々とんでもなくトリッキーだと思うことがありますが、さりげない部分が凄く難しそうなんですね。

大人数んだから可能だけれども、これをソロで歌うとなったら大変だと思う。

本当に一部の子しか歌えないでしょう。


先日取り上げたつばきファクトリーの動画を見て、思ったより遥かに力を入れて曲作りしているのがわかった。

歌っている本人たちだけでなく、作詞作曲、音作りにいたるまで、予算の許す限りギリギリまでやっているんだなと。


あまり話題にならないと思いますが、ハロプロって本当に演奏のレコーディングとかもガチでびっくりする。

所謂スタジオミュージシャンたちなわけですが、本当に職人の集まりって感じ。

前々から、歌とは別に楽器演奏の間奏などを聴いて、凄く良いなと思っていましたが、そういうところにも魅力があるんだと改めて感じました。


実は、少し前、別のアイドルグループについての話をどこかで読んだのですが、まあ、生歌はないってのは知っていましたけれど、それ以上に えっ⁉と驚いたのは、所謂選抜制度をとっているにもかかわらず、実はレコーディングさえしていないメンバーがいるということに衝撃を受けました。

確かに、誰が歌っているのか定かじゃないとは思っていましたが、まさか最初からレコーディングすらしていないメンバーもいるとは……

それを聞いてから、ますますハロプロは稀有な存在なんだなあと。


で、やっぱり歌詞的にも個人的にはハロプロ圧勝かなあって思いました。

ハロプロ曲の登場人物って、基本リアルだと思う。

仕草も言動も可愛い って子じゃなくて、強くないけど強がりで意地っ張りで不器用な女の子が主人公ってことが多いと思う。

男に媚びるのが苦手だけど、相手が凄い好きで、上手く伝えられない。

結果大失敗して後悔してるけど、後悔なんてするもんかって突っ張ってるような。

なんていうか、等身大なんですね。


この曲も、なんかまさにそんな女子の歌って感じがして、有名じゃないと思うけれど、いい曲で良いパフォーマンスだなと思いました。

まあ、空想上の可愛い女の子が好きな人もいるだろうし、それも否定はしませんけれどね。


あ、そうだ。

もう一つ思った事があります。

ハロプロの子たち、時折ちょっとふくよかな子たちもいて、それを揶揄するような人もいますが、いかにもリアルな女子を知らないなと思う。

よく見ればわかるけれど、彼女らのお腹や足、凄い筋肉ついてますよw

食べないダイエットとかじゃあんなの無理。

それに年代的にも体質的にも多少ふくよかになるのはホルモンの関係で当たり前。

あれだけ動けば当然お腹も空くし、そもそも食べなきゃ動けないし、筋肉無きゃ踊れない。

ハロプロはどちらかというとアスリートに近いし、シンクロ選手とかみたいな感じ。

確か、シンクロの選手は一日8000kカロリーとか摂取するんですよね。

そうじゃないと到底演技できないから。


彼女らはボディビルダーじゃないし、男子じゃないから筋肉はつきにくいし、見た目はそこまでに思えないけれど、あれだけ目に見えて筋肉がついてるって凄いことですよ。

この記事へのコメント