エンタメ ハロプロ レコーディング

d09bde57e8b44ff6.jpg





















たぶん、ほとんどの方には気にもならない部分なのでしょう。

でも、見ていて、プロってカッコいいなあと思いました。


先日、つばきファクトリーの 今夜だけ浮かれたかった を取り上げたのも、実は中島卓偉さんのコーラス部分がとても良いと思ったからというのがあります。

今回のレコーディングにしても、ほとんど誰もが演奏者のことを考えたりしない。

バカにしているとかでなく、そこにあるもの、メインディッシュではないという意識があるからでしょう、

でも、こういうプロフェッショナルな裏方さんがいて初めて曲が完成するというのを改めてみると、単純に凄いと感心する。


何でもそうですが、華やかな表舞台だけで物事は回っていない。

関係なさそうだったり、大して意味のなさそうなことも含め、沢山の人と力が働いて物事が完成している。


最近はコンピュータによる打ち込みが多いと思うのですが、こうやって生で録音しているのはやっぱり違うなあって感じますね。

この記事へのコメント